思春期

そばかすができてしまう原因はさまざまですが、
先天的なものと後天的なものがあります。

先天的なものは、生まれつきのものであり、
生まれてすぐにはそばかすが目立たない場合でも
思春期になると出てくることが多いです。


このタイプのそばかすは思春期が終わると
消えることもありますが、多くの場合はそのまま
定着することがほとんどです。

タイプによる

後天的な場合は、中高年齢になってそばかすが出てくることがほとんどです。
皮膚科系のクリニックでは、そばかすを消すための治療を受けることができます。

定着

レーザーやビタミンC誘導体などを使用して消すもので、高い効果を得ることができます。
なお、消すための治療は保険治療にならないので注意が必要です。